note※重要

女装を継続する際に気を付けるべきこと

女装 注意点

こんにちは。

名古屋で女装活動をしているじょえるです(^^)/

皆さんが女装に魅力を感じたキッカケってなんでしょうか?

私は元々、「何かに縛られている自分」や「枠にとらわれた考え方」「ふつう」というワードが非常に嫌いでしたが、会社員生活を続ければ続けるほど「会社員として拘束されている自分」「一般世間の中に溶け込む普通の自分」に嫌気がさしていました。

男は常にこうあるべき!
会社の看板背負っている意識を常に持って行動!
男は黒髪短髪が当たり前、常識!スーツと作業着!
真面目に会社員を続けて結婚して所帯をもつべき!

一例ですが、こんな感じ。伝わりますかね?(笑)

あ~、考えるだけで吐き気が…w

とにかく狭い!!!

狭すぎてになります( ゚Д゚)

そんな中、「自分のイメージする自分が、1から創造できる」という女装の世界にとても魅力を感じたのを今でも覚えています。

それはつまり、何者にも縛られない自由な世界を感じた訳です。
(※人としての常識や教養は当然含まれます。)

そこで、

今回のテーマ

女装を継続する際に気を付けるべきこと

についてまとめていきます。

1.自由が故の自制心を持つ

自由と聞くとどんなイメージをされるでしょうか?

何をしてもいい!許される!
匿名なんだから好き勝手やっていい!

このようなイメージを持つ方もいるかもしれません。

私が常に日頃から気を付けていることは、

自由が故の自制心を持つ

ということです。

女装を公にして活動していくためには、誰かしらと交流する機会が必ず発生します。

もはや「集団生活」に近い状態になるかもしれません。

そしてそこには「暗黙のルール」や、「知られざる人間関係」などが存在しているケースが多く、このような場所・スペースで活動しようとした場合「上手な立ち回りを考えながら行動しなければならい状況」に遭遇することが多々あります。

上手な立ち回り」と言っても、難しく考える必要はありません。

ここでこれ言ったら誰か傷ついちゃうかな…?
もっと好きに遊びたいけど、今回は先輩女装さんの顔を立てておこう

など、「一歩立ち止まって考える」ようなクセをつけると良いと思います。

これが自由が故の自制ということになります。

女装の世界はマイノリティだけに、ドロドロした人間関係や、謎の上下関係が確立されている場所も少なくありませんので、これから女装を始める方は頭の片隅にでも置いておくと役に立つかもしれません。

ちなみに私は、「考えて行動する場面」と「考えずに行動する場面」と、分けて行動しています(笑)

基本は「ありのままの自分を知ってもらうスタンス」です!

女装は自由ですから、節度を守っていれば基本的に好き勝手やってOKです。

※場所によっては面倒な立ち回りが必要になる可能性があることを頭の片隅に置いておきましょう!!

2.誰も責任はとってくれない

あなたが女装をするうえで犯した失敗過ち責任は誰もとってくれません。

女装の世界は完全な資本主義の世界ですから、失敗しても会社員のように責任はとってくれないのです。

女装の世界が資本主義…?

自営業と同じように、自分のお店(A面)は自分で守るしかないという意味です。

やらかしエピソード」として笑って語れるくらいの精神力とポジティブさがあれば何の問題もありませんが、女装される皆さん全員がそのような考えではない事は分かっていますから、これから女装される方は少し意識して活動すると良いかもしれません。

自分の失態は自分で処理するから問題ねぇ!

という意思のある人は「自分らしく行動する」ことをおススメします。

固定概念にとらわれない事!※重要

これがもっとも重要な要素となります。

私は女装の「枠に問わられない世界観」に憧れ、

そして自分自身も「自由を求めて」女装の世界に入りました。

そんな自由な世界で生活していると、段々考え方が呼出してきます。

女装はこうあるべき!
私の考え方が正しい!

このような「固定概念」が生まれるのです。

せっかく自由を求めて女装を始めたのに、固定概念に縛られて女装をしていては本末転倒です。

この矛盾した概念から解放される方法はひとつ。

他人を認め、寛容に受け入れること

これだけです。

あなたが苦手とする人が目の前に現れたら、

あぁ、こういう人もいるんだなぁ…w
世界は広いなぁ~w

これくらい寛容に受け入れておけばOKです。

いちいち腹を立てたり、攻撃したり、妬んだり、裏でコソコソ工作する必要はありませし、そんなことは暇人のやることです。

別に理解する必要はありませんし、見ず知らずの他人を理解することは出来ませんから、無理しなくて大丈夫です。

一定以上踏み込まれるのを嫌がる女装さんもいます。

少しだけ、相手を認めてあげられる心さえ持っていれば、人間関係で揉めたり、面倒なことになるのを事前に回避することができ、良いことしかありません。

女装活動を継続していれば、色んな女装さんや純男さんと出会うことになりますから、まず他人を認めてあげて、「あぁ、世界は広いな~」くらいで思っておけば良いのです。

これは皆さん全員におススメですよ(^^)/

今日のまとめ
  1. 自由の中にちょっとした自制心を持つ!
  2. 女装の世界は誰も責任とってくれない!
  3. 女装の世界に固定概念など必要なし!
  4. 他人を認め、寛容に受け入れる!