女装さん向け

【続編】ツイートインプレッションを高める方法

女装アカウントがツイートインプレッションを集めてアクセスを上げる方法

おじょえ
おじょえ
おじょえです。

今回は先日の記事の続編!ということで、ツイートインプレッションを高めてよりアクセスを上げる方法についてまとめていきます。

なんの話か分からない方は先日の記事をお読みください。

女装関係の広告(ツイート)をより多くの人にみてもらうには?

先日の記事より、

実際に、注目を集めやすい広告(ツイート)を掲載するには、

  • 目に入りやすい広告(写真など)
  • 興味がある内容

などの広告は、通行人が足を止め、じっくり見る確率(エンゲージメント率)が上がります。

 

これをTwitterの場合に変換すると、

  1. 写真を掲載する(初心者向け)
  2. 多くの人が反応しやすいツイートをする(中級)
  3. 賛否両論あるツイートをする(上級)

などの方法があります。

上記の具体的な方法については今後記事にしたいと思います。

写真を掲載する(初心者向け)についてはTwitter初心者のフォロワーの増やし方で説明した通りになります。

今回は、

  • 多くの人が反応しやすいツイートをする
  • 賛否両論あるツイートをする

この2点について説明していきたいと思います。

多くの人が反応しやすいツイートをする(中級向け)

どうしても自分の「価値観」や「考え方」をツイートしやすいTwitterですが、その使い方はあくまで「趣味」としてTwitterを運用する人の使い方になります。

今回は以前の記事同様、情報発信ツールとしてTwitterを運用する方に向けた記事になりますので、上記の使い方だけですと広告としての機能は低下します。

商売の鉄則としては、

相手が欲しいものを提供する

これが基本となります。

つまり、

あなた個人の考え方や価値観に反応できるフォロワーが一体何人いますか?

という話ですね。

ただでさえ理解されにくい女装という文化の中で、あなた個人の考え方や価値観に共感できる人は限りなく少ないでしょう。

そんなツイートよりも、

女装ちゃん
女装ちゃん
みなさん!今日もお仕事頑張っていきましょー!

このような可愛らしいツイートのほうがツイートインプレッションは上がります。

理由は単純で、

誰でも気軽に反応しやすいから(リプ、いいね)

ですね。

更に、女装さんのアカウントの特徴として、

フォロワーの大半が純男さん

という特徴があります。

これらのフォロワーが反応しやすいのは、女装独自の考え方や、あなたの身内しかわからないような話ではなく、気軽なコミュニケーションのほうが何倍も反応しやすい。

つまりあなたの顧客(フォロワー)が求めているのは、

誰でも気軽に反応、コミュニケーションが可能なツイート

であることが分かります。

賛否両論なツイートをする(上級向け)

さきほど、商売の鉄則である「相手が欲しがるものを提供する」という観点から、「誰でも気軽に反応できるようなツイート」を心がけることでツイートインプレッションを高める方法について説明しました。

確かにこの方法なら、フォロワー数を最大限に生かしてツイートインプレッションを高める事が可能です。

しかしもっと多くのツイートインプレッションを高める方法があります。

それは、

賛否両論あるツイートをする

ということです。

実はこの方法、かつてアメリカのトランプ大統領が選挙で使用した方法としても有名です。

トランプ大統領が当選するまでに使った手法

  1. 宣伝媒体として主にSNS(Twitter等)を利用
  2. 敢えて注目を集めるような発言をする(賛成・反対)
  3. 国民が「賛成」「反対」で口論する
  4. トランプ大統領のSNSアカウントにインプレッションが集まる
  5. 国民が賛否を決定する前にまた新しい注目発言をする
  6. またインプレッションが高まる

これを繰り返していたのがトランプ大統領です。

ちなみに、彼の支持母体には多くのSNS運営会社が付いており、その中にはFacebookの役員であるピーター・ティールが多額の投資をした話も噂立っています。

少し話が逸れましたが、これはTwitterでも実際に行われている手法です。

具体的には、

  • 絶対に答えの出ない問答
  • 人によって解答が違う問答
  • 明らかに賛否が分かれる問答

などが挙げられます。

いわゆる「ツイートがバズる・バズった」と呼ばれるツイートをご存知かと思いますが、あれは「戦略的にバズらせた」が正解になります。

勿論、たまたまバズってしまったパターンもありますが、「○万RT・○万いいね」などされているツイートの多くは「わざとバズらせて宣伝に用いる」のが目的となります。

ちなみに、私たちの身近な問答としては「女装の立ち位置・あり方」関係のツイートなどは比較的にインプレッションが高まりやすいですね。

女装とはどうあるべきか?」みたいなツイートです。

当事者側の意見と、同業者、一般市民、当事者を毛嫌いする者たち…。

これらがお互いの意見を主張し合い、ぶつかり合うことで「リプのやり取り」が行われます。勿論、こんなもの人によって違いますから、答えが出るはずありません(笑)

それによってツイートへのインプレッションが高まり、Twitterのトップツイート機能が作用し、様々な人のアカウントの上位ツイートに表示され、更なる注目を浴びる形になります。

実際には、この手法を上手く利用している人もいれば、フォロワー稼ぎに悪質なツイートとして乱用する人もいるのが現実です。

このような観点でタイムラインを閲覧すると、注目ツイートに隠された真の意図が見えるようになりますから、覚えておいて損はないですね!

注目発言をするということは必ず「反対派」の意見も生じるということですから、当たり前ですがツイート自己責任となりますので注意してください。

話を戻しますが、上記で挙げたような問題を呼ぶような大発言をする必要はありません。

あくまで情報発信ツールとしてTwitterを運用するうえで、フォロワーを増やす必要がある人が用いる方法ですから、口論してもらう必要はありません。

女装ちゃん
女装ちゃん
こんな考え方をする人も居たんだ!
フォロワー外の人
フォロワー外の人
このような考え方をする人の「情報」をもっと聞いてみたい…!

このように感じて頂き、新規顧客(フォロワー)を獲得し、自分の発信する情報をより多くの人に伝えるが真の目的となります。

更にかみ砕いて説明するのであれば、

多くの人が自分の意見を発言しやすいツイートをする

ということですね。

これだけでも十分な効果を得ることが出来ると思います。

まとめ

多くの人に広告(ツイート)を閲覧して頂くためには、

  • フォロワーが求めている情報を提供する

新規顧客(新しいフォロワー)を獲得するためには、

  • 賛否両論あるツイートが効果的である