おでかけ

【最高かよw】20代サラリーマン男性の女装ライフを徹底解説!

20代サラリーマン男性の楽しすぎる女装ライフを公開してみた

おじょえ
おじょえ
普段はサラリーマンとして普通に仕事をしながら趣味で女装をしている「おじょえ」と申します。
今回はそんな「趣味で女装をするサラリーマン男性の1日」について一般の人向けに公開していこうと思います。
まずはおさらい

最初に把握しておきたいのは「女装」には様々なジャンルがあり、

  1. ただの趣味
  2. メイクが好き
  3. 女性ファッションが好き
  4. 性癖
  5. 男性が好き
  6. MTF(先天的・後天的に心が女性)

などなど……女装といっても一括りには出来ないことを覚えておいて欲しい。

各ジャンルごとに「遊び方」も違えば「楽しみ方」も違います。

ちなみに「おじょえ」は①趣味で女装している人に該当する。

趣味で女装している男性の普段の生活は?女装して何してるの?

まず結論からお伝えすると、

女装している男性って実は……

  1. 社会的に自立した人が多い
  2. ちゃんとした男性が多い
  3. 世間の男性と「趣味」が違うだけ

以上の3点を中心に、女装の魅力も踏まえながらお伝えする。

そして今回はタイトル通り、

趣味で女装するサラリーマン男性の1日について、実際に「おじょえ」の週末を一例に挙げながら適当にまとめていきます。

まぁ暇つぶし程度に見ていってほしいᕙ( ˙꒳​˙ )ᕗ

女装は普段男らしく仕事してる説!

一般女性
一般女性
女装してる人って普段は何をしているのかしら?

ふと街ですれ違う事はあっても、私生活まで垣間見る事は少ないであろう女装という謎の存在。

一体普段はどのような生活をしていて、どのような女装ライフを過ごしているのだろうか?

実は、

普通の男性として皆さんと同じように仕事をしている方が殆ど

なのである。

一般男性
一般男性
えっ、僕たちと同じように男の恰好をして会社で働いてるってこと?
おじょえ
おじょえ
その通り!
多くの女装さんが皆さんと同じように「男性」としてしっかり会社に勤めています。あくまで「趣味」で女装する人が多いんですよ〜♪

学生さんやフリーターの方、色んな方がいますので一概には言えませんが、あくまで大半の方が会社員ですのでここでは「会社員」と表記します。

 

今日も女装するためにさっさとと商談を済ませて仕事を片付けていく。

多くの女装は「会社員+週末女装」という二足わらじ。

勿論、プロとして女装を「生業」としている方もいるが「趣味」で女装する男性の比率が圧倒的に高い。

建築関係、鉄鋼関係、車関係、営業マン、メカニック……などなど、
「え、こんなに可愛い子がそんな男らしいお仕事を…!?」という事が多々あり、もはやパニックである。

また経営者や自営業の比率も高く、人として尊敬できる方や、普段会えないような業種、人種と交流できるのも女装の魅力と言えるだろう。

街に出ると若い一般男性に笑われがちな女装だが、実際には男性として社会的に自立した方が多いのが現実である。

多くの女装さんが、普段は男性として皆さんと同じように仕事をして生活している!

一般男性
一般男性
そうだったんだ…!自分たちとは全く別世界の人だと思ってた…
おじょえ
おじょえ
皆さんが思ってるほど「変わった人」では無いんですよ♪むしろ世間の男性と「趣味が女装」ということ以外は何にも変わらないです(笑)
女装の魅力その1
  1. 私生活がイキイキする!
  2. 普段出会うことのない人達と会える!

女装の週末はめちゃ忙しい説!

さて、女装の週末は非常にタイムリーだ。

おじょえも早々に仕事を切り上げ「メイクルーム」へ移動する。

もう既に気分はカビルンルンである。

ピースなんかしちゃって頭の中ではアルプスの少女ハイジのOPが流れている(口笛はナッゼー!

まさか急いで退社する上司、部下の理由が「早く可愛くなりたいから」だとは事務員の女の子も予期してない。

部長
部長
おい、用事があるのでワシは帰るぞ(早く可愛くなりたいな〜❤
事務員ちゃん
事務員ちゃん
部長お疲れ様です♪(真っ先にご家族の待つお家へ帰るんなんて素敵〜❤)

とでも思ってるに違いない(適当

……何はともあれ、メイクルームへ到着。

数は少ないものの、実際に女装が体験可能なメイクルームや、自分でメイクするためパウダールームのお店はいくつも存在し、東京、大阪、名古屋をはじめ都市部や駅チカにあるようなので興味のある方は検索してみよう✌️

一時間後……

(。+・`ω・´)シャキーン✨

ということでメイク&着替えが完了した!

「おじょえ」の場合は変身におよそ1時間程度かかかる。

下処理・準備に30分、メイクに30〜40分程度だ。

女性は毎日、半強制的にこのような作業をしなければならないと考えると非常に考え深い。

女性メイク髪型微妙な変化に気づいて欲しい気持ちがとてもよく分かる

世の中の男性は四の五の言わずに1回メイクしてみると女性の気持ち(メイクに限り)が少しだけ分かるかもしれない。

やればやっただけ作業スピードが上がるし、クオリティも高くなる!

自分のすっぴんがどんな顔であっても、自分に合ったメイク次第を練習すれば、どんどん理想の顔に近づける!

それがメイクという技術らしい。

まるで職人ですな(笑)

世の中の女性は全員「職人」である

女装友達とワイワイ飲み会!気づけば一般の男女も混じってる!?

この日は先輩の女装さん達と絵に書いたような大衆居酒屋でワイワイ飲み会をした。

真ん中の赤い服を着た女装さんから溢れ出す圧倒的なラスボス感がすごい。

2時間ほどワイワイしてダーツバーに移動する

大体いつも他のお客さん達が興味本位で絡みに来てくれるのも女装の楽しいところだ。

女装の魅力その2

お酒の席では男女問わず結構モテる

今回も美魔女軍団が途中から参戦し、めちゃくちゃ面白い大人の会話が飛び交います。

終始爆笑でした!

盛り上がりすぎて気付けば深夜2:00で閉店時間になってしまった。

さすがにみんな体力の限界…。

先程のメイクルームに帰還し、仮眠をとる。

2日目はランチを食べて女装セットやメイク用品の買い出しへ

深い眠りから覚めると大体「正午」である。

昨日のメンバーとは別で行動していた女装仲間と一緒に近所のオシャレなお店でランチを頂く。

基本的にはメイクルームを拠点とし、そこから目的地に移動する訳だが、週末に関しては拠点であるはずのメイクルームに20〜30人近くの女装たちが集まる。

しかも20代の比率が割と高い。

イケイケの兄ちゃんや大人しそうな子まで、様々な男子が同じメイクルームで変身していく姿は、なんというか非常に微笑ましい。

お互い日常生活を送る中で、決して交わる事の無さそうな人たちが、女装を通じて仲良くなる。

それは女装している時に限らず、日中の買い物、ランチ、仕事帰りに集まって軽く1杯……など、人によっては非常に仲良くなるのも女装の不思議な魅力だ。

女装の魅力その3

大切な友達が増える

ランチを済ませたら仲間たちと女装用の服や化粧品を買いにいく。

もはや慣れたもので「男性モード」の状態でも平気でメイク用品や女性の服をお店で購入できるレベルになってしまった。

女装レベル40を超えるとこのような現象が起きると言われている(言われてない

このようにスーツのまま女性の服や下着を平然と購入していく。

案外、他の女性客も気にすることなく素通りしたり、隣で服を選んでたりする。

これは名古屋の土地柄か?名古屋駅の一番若い女性に人気なブランドが置いてあるお店でも割と平然と対応してくれる。

名古屋すごくいい街。

おじょえ(男性モード)
おじょえ(男性モード)
やばい見て!めちゃ可愛い服あった!
女装友達(男性モード)
女装友達(男性モード)
おーい!おじょえに似合いそうなブラあったぞー!

こんな会話をお店で出来るレベルになってしまった。

「おーい!」じゃねぇ(迫真)

さすがの私も男性モードで「おじょえ」と呼ばれ、周りの女性客の注目を浴びながらこの会話をするのはまだ若干恥ずかしさが残る。

まだまだ女装レベル60ってとこだ(謎

……てかあれだ、

キツネさん可愛いくない??(威圧

 土曜日の夜は17:00〜始まる!

先程、自分のセンスを信じて適当に購入したコーデを試すのがまた面白い…!!

表現が難しいが、

オンラインゲームで作った自分のキャラクターに新しいアバターを購入し、着せ替えして楽しんでいる感覚

に似ている。

これはコーデだけに限らず、

  • ダイエットしてスタイルをよく見せる
  • メイクを練習してより可愛いく見せる

など、オンラインゲームで言うところの「レベル上げ」要素に非常に似た性質を持つ。

「女装した自分」というキャラクター

を育てるイメージ。

  • 名前を決める
  • レベル上げ(経験を積む)
  • スキルの強化(メイクを工夫)
  • コーディネート(アバター要素)
  • 仲間を増やす(友達が増える)

など、女装を構成する一つ一つの要素がドラクエやRPG系のオンラインゲームに非常によく似ていることも、女装にハマる男子が増える理由なのかもしれない。

特にアバター要素が非常に強く「課金」が止まらないのが女装オンラインである。

女装の魅力その4

女性ファッションは可愛い・カッコイイ服が多いのは勿論、ジャンルやアイテムが多いからコーディネートが普通に楽しい!

…てか、こんな写メ絶対笑うよねwww

こんなことばっかりやってます(笑)

人にもよりますが、私の周りは割とワイルドというかボーイッシュな性格のオッサ…あ、女装ちゃんが多いんですよね!!

昔スポーツやってたりとか、車好き、バイク好きなどなど、みんな元気でハキハキしていて、ノリが体育会系なんです(笑)

私もスポーツマンでしたから、すごく気が合う仲間に恵まれたな〜とつくづく思います。

むしろ「女装している」という事実って地元の友人にすら言い難い内容じゃないですか。

自分の持つ「秘密」の中でも1位2位を争う「トップシークレット」です。

その「秘密」がバレている状態で仲良くなる訳ですから「性癖」だろうが「過去話」だろうが、恥ずかしくて話せないようなことはもう何も残ってない訳です…(笑)

きっと彼らとは、例え女装を辞めたとしても付き合っていくんだと思います。

女装の魅力その5

なんでも話せる友達が出来る

21:00〜再び夜の街へ!


女装が最も活動するのが土曜日の夜だ。

夕方頃からぞろぞろとメイクルームに男子が集まり始まる。

そこには仲良しメンバー以外にも、久しぶりに会えた女装友達、あるいは「はじめまして」の方との交流があってとても新鮮だ。

こんなに「はじめまして」の方とお会いする趣味も少ない。

今晩もそんな交流をして土曜日の夕方を満喫し、いざ夜の街へ!

今夜は全国の女装さんが名古屋に集まるお祭りイベントがあったので少しだけ参加してみたんだが、案の定めちゃくちゃいた(笑)

会場はとてつもない盛り上がり!

立っている場所もないような混み具合だったので2件目のバーへ移動する。(来年は楽しみたい)

いわゆるオカマバー、観光バーと言われるお店は各所にあり、個性的なキャストが接客してくれる楽しいお店だ。

私がよくお邪魔するお店もニューハーフや女装さんがキャストを勤める賑やかなお店だ。

基本的にオカマバーのキャストさんはフレンドリーで面白く、お客さんの層も一般の男性や女装が多い。

とても美味しいお酒が飲めるので皆さんも是非一度足を運んでみるといいと思います。

だいたい深夜の3:00頃に帰宅、1日を終える。

はい、こんな感じであっという間に週末が終わってしまいました。

サラリーマン女装の日常をまとめてみましたが、如何だったでしょうか?

純女ちゃん
純女ちゃん
なんか想像と違って意外と若い子多いんだ!
ノンケくん
ノンケくん
女装…!なかなか興味深い文化かも!

などなど、何かしら感じていただければ幸いです( *¯ ⁻̫ ¯*)

今回は一般の方向けに、

サラリーマン男性の楽しすぎる女装ライフ

についてご紹介させて頂きました。

ちなみに他にも、

昼間から商店街を飲み歩いたり……

女装軍団でボーリングしたり……

飲み会に参加させて頂いたり……

などなど、おかげさまでかなり充実した週末を送れてます( ˶˙ᵕ˙˶ )

皆さんはどのような週末を楽しんでますか?

  • 遊ぶお金がない
  • やることない
  • 趣味が見つからない
  • てか友達少ない
  • ヒマ
  • 仕事から解放されたい
  • なんか面白いことしたい

このような理由で女装を始める人も少なくありませんから、上記に当てはまる方は試しに1回女装してみては如何でしょうか♪

新しい世界が切り開ける……!かもしれないですよ(。˃ ᵕ ˂ )ƅ笑

まとめ

女装している男性は……

  1. 社会的に自立した人が多い
  2. ちゃんとした男性が多い
  3. 世間の男性と「趣味」が違うだけ

女装の魅力とは……

  1. 私生活がイキイキする!
  2. 日常生活では会えない人に出会える!
  3. お酒の席でモテる!
  4. 大切な友達が増える!
  5. メイク・ファッション超楽しい!
  6. 地元の友達より話せる友達が出来る!

 

最後に

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

当ブログを見て女装に対する固定概念が少しでも変わるとめちゃくちゃ嬉しいです。

以上、おじょえがお送りしました!